AQLへの会計処理への支援について

AQLをご見学頂いている方等から、ボランティアでAQLの運営にご協力頂く方が増えてきております。大変ありがたいことです。

 

そんな中で、中小企業診断士・税理士有資格者の稲垣啓様にボランティアとして立候補頂き、本大会の会計処理等についてボランティアでアドバイス頂けることになりました。

 

稲垣経営研究所

(中小企業診断士がExcelによる生産性向上で企業支援します)

 

稲垣様は、中小企業がExcelベースで自力で適切な会計処理をするための仕事を、複数担当されてきた実績があるとのことです。

「広く透明性のある運営をしていることを示すために会計報告をしたいが、大会の運営負担は極力小さくしたい」

と考えるAQLとしては、稲垣様のボランティアの申し出は我々の運営の趣旨にも合致し、大変ありがたいものです。

心より、感謝いたします。

 

AQLとしては稲垣様にアドバイスを頂きながら、2019年度より法人化の耐えうるレベルでの会計報告等を行っていけるようにしたいと考えております。(2018年度までの会計報告は、従来の出入金の明示のみとしました。)

また、AQL以外のクイズ大会が透明な会計処理を行いたい際(特に大きなお金を扱う場合や広く企業支援等を呼び掛ける場合など)に、AQLが先行してこのようなノウハウを確立していくことで、AQLが間接的にクイズ業界全体の大会開催支援ができれば、と思っております。