AQL2019加盟申請&先行エントリー

AQLリーグ加盟新規及び継続申請を受け付けます。

申請を一次期限内に行った団体は、所属リーグへの優先参加権が与えられると共に、万一日程が合わなかった場合に、近隣の他リーグへの振り替え出場も優先的に行うことができるものとします。

継続申請も同様ですので、AQL2018で加盟登録済みの団体も、忘れずにご登録ください。 

 

登録期間

一次期間:2019年4月1日~30日

二次期間:2019年5月1日~各リーグエントリー受付終了日

*その年度の参加優先参加権が与えられる団体は、4月末日までの登録団体を原則とする。

*4月末日時点での登録団体の意見を踏まえ、地域代表を決定し5-6月の総会を実施する。5月以降の加盟団体は、その決定に従うものとする。

 

AQL加盟申請はこちら(現在準備中)

加盟登録に当たっては、こちらの意見募集をご覧ください。

 

AQL加盟条件

・(参加する皆様が)AQLが掲げる「クイズを皆で盛り上げる」という目的にご賛同頂けること

 ・登録時に他の登録団体と重複のない、趣旨にご賛同いただける5名以上のメンバーを明記すること(ただし、前年のAQLに参加した団体は、前年参加者をメンバーとみなすことで免除可能)

・下記種別の加盟条件を満たすこと

 

*登録料等は原則無料とする。運営費は基本各地域リーグで参加費という形で徴収を基本とする。ただし、地域代表者の判断で、リーグの事情によって登録料を事前に頂く場合もある(会場での徴収ができない場合など)

 

AQL加盟申請種別

 

一般正式加盟団体

前年度以前に成立し、5人以上が所属するクイズ団体。

*原則、前年度以前に何らか成立した上で活動したエビデンス(活動実態を示す公式サイトやTwitterの存在、新・一心精進で告知されるなどした公的なクイズ団体戦への参加)を必要とする。(前年度の『AQL』出場チームは全団体OKとする)

 

一般準加盟団体

5人以上が所属するクイズ団体。

原則、何らか活動しているエビデンス(活動実態を示すサイトやTwitterの存在、新・一心精進で告知されるなどした公的なクイズ団体戦への参加)を必要とする。

*その年のAQL出場もしくは運営スタッフを経た上で、地域代表者が認めた場合、翌年以降正式加盟団体となる。

 

ジュニア正式加盟団体

同じ学校に所属する中高生が5人以上が所属する、教育機関を主体としたクイズ団体。

申請に際しては、学校関係者(顧問等)の許可を得て登録する必要ある。

*他の教育機関のメンバーを登録しても問題ないが、同じ教育機関から5人以上が所属している必要がある。

*実際の出場の際、他校との合同チームで出場しても問題ない。

 

ジュニア準加盟団体

中高生が5人以上所属する学校団体・学校連合団体・任意団体。

*「(AQLに賛同し、保護者同意を得た)中高生有志」でAQLに加盟した扱いとする(よって、学校の許可は必要ない)。

*学校からの指導で「学校名」「クイズ研究会名」を出せない場合、別名義での加盟も可能。

*事情がない限りは学校単位が好ましいが、連合による登録も可能

*準加盟登録後、学校関係者(顧問等)の許可が取れた後に、正式加盟団体に昇格可能

(注)準加盟の段階で学校名を出せない場合or出してよいか学校に確認が取れない場合は、まずは学校名を冠さない別名義での「有志団体」として準加盟して下さい(「AQLに準加盟するの主体」はあくまで「プレイヤーの皆様」です。)。その際、備考には学校名を書いて頂くと助かります。その後、AQL事務局より学校側にAQLへの参加をお願いする「参加・加盟要請文章」を発行致しますので、その結果次第でその後の名称変更を可能とします。いずれにしてもAQLとしては、加盟や参加の障害をできる限り対応し、学校や保護者の皆様にも認めていただける大会になるように努力いたします。

 

加盟のメリット

4月30日までの一次登録期間に加盟登録(正式加盟、準加盟どちらでも可能)をしていただいた団体には、以下のメリットがあります。

・地域リーグへの優先エントリー権の付与

本年度のAQL地域リーグに優先エントリーした扱いとなります。(その後、不参加となっても構いません。)リーグによっては、加盟団体のみでリーグを行う場合もあります。

・地域リーグの開催日の日程調整への参加

地域リーグの日程は、加盟登録を明確にした団体の都合を優先して決定します。

・他地域リーグへの振り替え出場時の優先権

所属リーグの開催日程がどうしても合わない場合に、優先して近隣リーグへの振り替え出場が可能となります。

・所属地域リーグの全国大会進出枠が増える(場合がある)

4月1日までの加盟団体数を持って、「本年度のリーグ参加見込み団体数」とします。この「AQL2019参加見込み団体数」「昨年の参加実績」などをベースに、こちらの方法をベースに全国大会進出枠を決定します。よって、「期間内に加盟登録して頂いた団体が増えると、地域の全国進出枠が増える」ことにつながる可能性があります。

 

注意

・「加盟団体」がAQLに出場しなければならないわけではない。「AQLに出場意思はないが、AQL開催自体を支持するorスタッフだけやりたい」というクイズ団体も加盟団体申請することも可能とする。

・ある個人が、2か所以上の団体から登録することは不可とする。

・「加盟団体」の申請メンバーに名を連ねた個人はそのサークルから出場するのが望ましいが、事情があれば「他団体」「他地域」から出場することも可能とする。(あくまでリーグ設立に賛同し、地域代表を信任する意味で名前を連ねて頂くという形とする)

・登録後の団体分割や団体合併等は、該当地域の地域代表が認めれば事情に応じて可能とする。

・中高同時に活動しているクイズ研については、中学・高校それぞれ分かれて登録しても、一緒に登録しても問題ない。いずれも5人以上いることが必要。

「代表を選出する権利」は正式加盟団体のみが持つものとする

・以上の内容は、総会等の議決により変更となる可能性がある。