AQL2019「一般の部全国枠増」「ジュニアの部21世紀枠」について

AQL2019の地域リーグの開催も本格化してきます。

各リーグがスタートする前に、参加者の皆様の目標を明確化するため、AQL2019全国大会進出枠についてアナウンスさせていただきます。

 

発表済みの代表枠決定方法はこちらです。

 

【一般の部の全国枠増ついて】

第3回の記念大会であることと、全国大会運営をシンプル化することを踏まえ、

現状24枠(通常枠22枠、プレーオフ2枠)であったところを、

27枠(通常枠22-23枠、プレーオフ4-5枠)に増やします

 

以上に伴い、

神奈川リーグが7チーム以上参加(全国進出権があるチーム数)となった場合、神奈川リーグ2位に全国出場権を付与

することに致します。

 

また1月実施予定のプレーオフについては、告知通り、各リーグ次点のチームを対象とします。形式は

【早押しプレーオフ枠1(定員4→1)】・・・希望先着4チームを対象に実施。各チーム代表5人が出場する。Web生中継での開催を検討し、収録地は関東を予定。参加希望団体が3団体以下の場合は中止とする(注)。詳細今後調整。

【近似値枠3(定員9→3】・・・Web上で近似値を提出。

の2つから選択できる形で調整させていただきます。

(注):3チーム以下で中止とするのは、プレーオフに距離的に参加しやすい地域のチームの倍率が低くなってしまい、関東有利となってしまうため。

ただし、早押しプレーオフは、会場・主催・参加者の希望、全てのメドが立った場合のみ開催します。開催自体中止になった場合、全て近似値枠となります。

 

[参考:AQL2019一般の部・全国大会方式(案)]

・3リーグ9チーム総当たり(コバトンナイン方式で実施)

・各上位1チームが決勝トーナメント。リーグ2位3位の6チームはプレーオフへ

・プレーオフは舞台上で早抜けリレークイズ(13時ごろ一般の部リーグ終了後実施)

 

・ベスト4からは公式ルールでトーナメント(17時半ごろジュニアの部終了後実施)

 

 

【ジュニアの部の21世紀枠について】

現状、昨年実績と4月時点での加盟団体数を踏まえ、18枠が確定済みです。

残る枠は、代表に準ずる活躍をしたチームを対象とした「21世紀枠」となります。

「21世紀枠」は「3枠」「6枠」のいずれかになる見込みで、今後「21世紀枠条件を満たすリーグがどれだけあるか」「全国大会の部屋を追加確保できるか」などが影響します。

 

現在21世紀枠選考対象として想定されるのは、「AQL2019代表枠増加基準」を総会後に満たす見込みとなるリーグのチームを最優先とします。よって、以下のチームとなります。

 

静岡ジュニア1位・・・3チーム以上が参加した場合、あるいは2チーム以下でも一般の部相手に健闘したチームがある場合。

千葉ジュニア2位・・・リーグ当日、6チーム以上参加の場合

九州ジュニア2位・・・リーグ当日、6チーム以上参加の場合

関西ジュニア3位・・・トップリーグ・チャレンジリーグ合計で12チーム以上参加の場合

埼玉ジュニア3位・・・予選会・本戦で12チーム以上参加の場合

(他、「6チーム以上参加だが枠が1しかない」リーグが対象となります)

 

上記5チームに加え、基準を満たすサークルがいくつ出てくるか、また大会の会場を今後抑えられるかなどを踏まえ、12月末までに正式決定します。

(21世紀枠対象チームで別途プレーオフのクイズを行う、可能性もあります。)

 

 

AQL2019全国大会枠数(2019年8月1日現在)
AQL2019全国大会枠数(2019年8月1日現在)