AQL開催ノウハウ

AQLの多部屋で行う団体戦(コバトンナイン方式など)の開催ノウハウをまとめます。

今後地域でAQLをやりたいという方の参考にして頂くのはもちろんのこと、高校生同士の交流戦などでもぜひご活用ください(例えば高校生のみですと、学校の教室が使いやすいでのでは、と思います)。

なお、本資料は非営利のクイズ例会・大会でご自由に活用して構いません(営利団体や法人主催の場合はご相談ください)。ですが、現状「速報システムの利用」だけは、AQL実行委員会を間に介さないと使用できません。この場合も、AQL実行委員会にお問合せ頂ければ極力システムをご利用できるよう、検討いたします(特に、中高生主体の取り組みや、初心者同士の交流戦、初心者向けの取り組み等には、AQL実行委員会として積極的に協力したいと考えます。)

 

開催計画の立案

開催にあたり、まずは「想定する参加団体数」「部屋数」「専任スタッフが何人いるか」「問題を誰が作るか」を考えてみて下さい。

それによって、問題を持ち寄る「持ち寄り方式」と、問題を全て専任スタッフが用意する「専任方式(Uチャン方式)」方式の、どちらのスタイルを取るかを考えます。それぞれの方式について簡単に解説します。

 

持ち寄り方式

問題を各団体で持ち寄る想定です。参加者が出題に回る時間帯が出てきます。現状AQLとしてノウハウがあるの団体数と、必要部屋数は以下の通りです。

対象

団体数

名称

必要

部屋数

必要部屋定員 概要
9団体 コバトンナイン方式 3部屋

30人以上

(1チーム人数×3)

全チーム持ち寄り。

代理問題作成者が帯同することも可能。

8団体 九州エイト方式 3部屋

30人以上

(1チーム人数×3)

コバトンナインの1チームを専任スタッフが担当

専任スタッフは問読みを行い、

フリバにのみ参加

7団体 セブン方式 3部屋

23人以上

(1チーム人数×2+3)

各団体から問読みを3人出す。

抜け番となる1試合で問読みを担当。

1部屋最低2人はスタッフがいるので、

専任無しの場合1チーム6人必要。

6団体 (ノウハウ無し)     6チームで持ち寄り方式導入は困難。
5団体 東北ファイブ方式 2部屋

23人以上

(1チーム人数×2+3)

各団体から問読みを2人出す。

抜け番となる1試合で問読みを担当。

専任方式(Uチャン方式)

専任スタッフが問題を用意し、問読みと得点付けを行う想定で、総当たりを行う想定です。AQLでは全国大会のジュニアリーグで採用されています。2チーム以上現状AQLとしてノウハウがあるの団体数と、必要部屋数は以下の通りです。

 

必要部屋数・・・「参加チーム数の1/2の部屋数(小数点切り捨て)」

専任スタッフ数・・・「部屋数×2人」以上

 

ハイブリッド方式

AQLの地域リーグですと、「一般の部」「ジュニアの部」に分ける場合があります。そういった場合、「午前の一般はコバトンナインで持ち寄り方式9団体」「午後は午前の参加者が専任スタッフとなり、専任方式で何団体にも対応可能」といった感じで分けることが可能となります。この例で行くと、11~19団体と、幅広い団体数に対応できます。これは年代分けだけではなく、例えば「午前に問題作成ができる上級者」「午後に初心者」というような方法も可能でしょう。

 

必要な会場と押し機確保

上記プランがある程度固まったら、会場確保に移りましょう。

ただし、先に参加団体数が固まらないケースも多々あると思います。そういったケースでは、「30人以上定員の3部屋を確保してしまう」、というのが最も手っ取り早いです。実現できれば、「56789団体」を想定(「5789団体」であれば持ち寄り方式、「6団体」であればUチャン方式にするなど)することができます。

あと、部屋数分の早押し機の手配が必要です。AQL公式ルールを軸とするならば、10端子以上の正常動作が必要です。

 

各種資料作成

開催に必要な各種資料を、以下のリンクにまとめました。

AQLノウハウ集

なお、全部使う必要はなく(例えばネームカードなどは無くてもどうにかなる)、必要に応じて使う形でお願いします。

Excelで作成したデータの速報サイトへのデータ流し込みは、執行部でないとできません。使用を希望される場合は、こちらまでお願いします(基本、多部屋大会をやりたいという加盟団体の中高生には無償提供予定です)。

 

参考・地域代表者タスク

AQL地域代表者のタスクを記述します。AQLとしてでなく有志で開催する場合には必要のない項目も含まれておりますが、ご参考まで。

もちろん、地域代表者の方は以下の仕事全てを個人で抱える必要はなく、下記内容をどなたかに依頼する形でも問題ありません。

 

◎必須

〇可能ならやる

△任意、余裕があったら

・執行部側で対応可能

 

【地域承認(3-4月実施)】

◎翌年の地域代表者の指名(同じ人で続けてもよい)

・継続加盟の意志確認

・運営についての意見募集

〇総会への出席

 

【日程調整(会場予約を考えると3-6か月前まで)】

◎開催するか否かの決定

 〇加盟団体で、開催日についてスケジュール調整サイトなどを活用し調整する。

スケジュール調整サイトの例。SNSのアンケート機能などを使ってもよい)

◎開催日の確定、会場の確保(スケジュール調整の結果を踏まえ)

 

◎新・一心精進で告知

◎開催地一覧表の更新

 

【各種依頼事項(遅くとも大会2か月前まで)

◎地域リーグサイトの作成、エントリー開始日の明示(

〇エントリー受付の開始(→共通スクリプトで行うことを推奨)

・エントリーリストの更新(→共通スクリプトで行うことを推奨)

・問題作成ガイドの作成(→共通のものが存在するので、反対でなければ使用)

◎問題作成依頼(各団体に作成締切等を明示し42問の作成を依頼)

〇問題添削依頼(初心者サークルに作成してもらう場合)

〇問題作成免除団体分の問題調整(他地域と調整するなど。会長に相談)

 

【各種事務事項(1か月前まで)】

 

◎早押し機の手配(エントリー時の「押し機提供可否」を踏まえて依頼)

〇仮企画書及びスケジュールの作成、アップロード(ノウハウ集で作成)

〇高校生チームへのリマインダノウハウ集に文面例掲載)

〇問題作成チームへのリマインダ(「作らなきゃいけないのか?」「一般の部で、ジュニアの分も作るのか?」「ジュニアは作成しなくていいのか?作成するのか?」「添削の締め切りは?」など)

〇見学規定のアップ

△QuizDo取材有無の決定調整

△表彰状の準備

 

 

【直前事務(2週間前まで)】

◎形式・部屋数などの正式決定

企画書、スケジュールの確定、アップロードノウハウ集に掲載)

問題作成締め切りフォロー

参加者登録締め切りフォロー

〇スタッフ役割分担を作成ノウハウ集に掲載)

◎最終案内の送付ノウハウ集に掲載)

〇『新・一心精進』告知更新(ここまでと矛盾している内容を一通り見直す。特に集合時間など)

〇保険の申し込み(代表者コミュニティ内に詳細)

◎リーグ戦登録の提出ノウハウ集のExcelを執行部に提出)

〇リーグシステムのテスト(使い方を各代表に通知する。操作方法

〇得点計算アプリの参加チームへの共有(実況用でTwitterアカウントを共有しておけば、実況も可能に。操作方法

〇全国大会派遣依頼文章のプリントアウト

 

 

【大会直前】

〇保護者同意書提出のリマインダ

〇各種印刷物印刷(必要印刷物の例)

 

【大会中】

◎保護者同意書の回収

◎全国進出チームの写真撮影

〇全国進出意思の確認(辞退するなら下位に)

〇賞状並びに全国進出チームに、全国大会派遣依頼文章を渡す

△QuizDo向けのインタビュー実施

 

【大会後】

〇参加チームへのメール御礼

◎新・一心精進への結果報告

◎保護者同意書提出者を「提出済み」にする(スクリプトにadminでログイン後、一覧提出者をチェックした上で、「提出済み」に一括変更可能)

〇全国進出チーム写真のアップロード(後々パンフレットにも活用するため)

・全国進出チームのページ更新(自主的にアップロードしてもらえるとベター)

〇結果サイト向けの記録の提出(リーグ戦は自動システムでやったならば、コピペで作ります。「最終結果」のソースを見てもらって、htmlで出してくれるのが本当にベスト。フリーフォーマットのpdfでも可能)

〇地域の問題の、地域同士での共有

〇代表に使用問題送付(ご協力頂いた団体については、2月にまとめて新・一心精進データベースにアップします。)

・アーカイブプロジェクト無料公開対象者にメール(→スクリプト上で保護者同意書提出フラグを立ててもらえれば、執行部で対応可能)

△QuizDoの記事執筆(任意)

△公式ブログの記事執筆(任意)

◎会計報告のアップロード(透明性を高める意味で必須。フォーマット例)

◎保護者同意書の保管(地域代表者の責任で、成人まで保管する)