AQL初参加ガイド

  「AQLって、私たちでも参加できるの?」

はい、クイズが好きな皆さんが5人集まれば、参加できます!

  「伝統あるクイズ研しか参加できないんですよね?」

そんなことはございません。出来たばかりのクイズ研、いや設立一歩前の友達同士での参加も歓迎です!

 

このページでは、あまりクイズ大会に慣れていないチームがAQLに初参加する際の手順を、「細かいところは省略しつつ」「AQL2018埼玉リーグの様子を写真で引用しながら」説明させていただきます。

 

以下の過去の記録・レポートも参考にして下さい。

結果速報サイト

レポート一覧

1.チームを作ろう!

AQLは5人以上を1チームとして参加できます!(1試合に出られるのは1チーム最大10人)

AQLは、年代関係なく参加できる「一般の部」と、高校生以下のチームによる「ジュニアの部」に分かれております。

 

一般の部・・・「活動実績のあるクイズ団体」で組まれたチームであれば、参加できます。といっても、これまで活動実績の有無を理由に、参加を認めなかった事例はありません。(極端なことを言えば、組んだ後活動実績を作ってください)大学のOBOGサークルなども歓迎です。

 

ジュニアの部・・・同じ教育機関でチームを組んでいただくのを基本としています。同じ学校で5人集まらない場合などは、連合チーム等も状況次第では認めますので、こちらまでお問い合わせください!

注:何でもOKにしてしまうと、強い人10人が組んだチームもOKとなり圧倒的強さになってしまいますので、連合の許可は状況次第(正しくは地域代表の承認が必要)となります。ですが、初心者チームの連合が認められないことはまずないでしょう。

2018年埼玉リーグで3位に入った開智高校と大宮高校の連合チーム。開智高校は2017年創立直後にAQLに参加、「団体としての挑むクイズ」の楽しさを知り、その後創立2年目にして上位を伺うチームになりました。一方の大宮高校は、大会等の参加経験はほぼ無し。それを聞いた開智メンバーが声をかけ、連合チームを結成しました。両校のメンバー、皆が楽しんだ一日になりました!
2018年埼玉リーグで3位に入った開智高校と大宮高校の連合チーム。開智高校は2017年創立直後にAQLに参加、「団体としての挑むクイズ」の楽しさを知り、その後創立2年目にして上位を伺うチームになりました。一方の大宮高校は、大会等の参加経験はほぼ無し。それを聞いた開智メンバーが声をかけ、連合チームを結成しました。両校のメンバー、皆が楽しんだ一日になりました!

2.参加リーグを決めよう!

AQL2018の地域リーグは全国13か所で実施されています。

開催地域一覧を参考に、最も参加しやすい日程・地域のリーグを選択して下さい。

リーグによっては参加する地域制限等がある場合がありますので、そちらは各地域リーグのサイトをご覧ください。

エントリー開始直後に定員が埋まる人気リーグもありますので、その点はお気をつけて!

AQL2018埼玉リーグにおいて、土浦第一高校(茨城)の出題で、浦和高校と江戸川女子(東京)が対戦。埼玉リーグは埼玉県内団体の加盟団体からの参加が優先されますが、枠が余った場合は他地域からの参加も認められております。
AQL2018埼玉リーグにおいて、土浦第一高校(茨城)の出題で、浦和高校と江戸川女子(東京)が対戦。埼玉リーグは埼玉県内団体の加盟団体からの参加が優先されますが、枠が余った場合は他地域からの参加も認められております。

3.準備をしよう!

大会の準備は以下の4つが主です。

【エントリー】

参加には「エントリー」が必要です。詳しくは各地域リーグのサイトをご覧ください。多くの地域で、「チームとしてのエントリー」と「メンバー表の提出」の2回のエントリーが必要となります。

 

【問題作成】

AQLでは、参加に際して各団体で問題作成が必要な場合があります。ただし、初参加の初心者チームは多くのリーグで問題作成を免除されておりますので、各地域エントリー時にご相談下さい。

また、初めて作成することになった団体用に、問題作成ガイドのページも用意してあります。

 

【開始時間や持ち物の確認】

各地域リーグのサイトや、メール連絡などで、開始時間や持ち物を確認してください。

初参加の団体に運営をお願いすることは少ないですが、必要な場合にスタッフワークのチュートリアル資料も用意してあります。

 

【保護者同意書の準備】

地域リーグによっては、未成年者は保護者同意書の提出が必要となります。保護者の方に保護者FAQをご覧いただいた上で、同意書を用意し、Web経由か当日紙で提出して下さい。

Web経由の手続きと当日紙での提出両方を行うと、今後AQLシリーズでの同意書再提出が不要になるとともに、約1万問の問題アーカイブにアクセスできる特典もあります。

 【みんなで対策?】

これは任意になりますが、出場に向けて出そうな問題を用い、早押しクイズで対策をするチームも多いようです。

あくまで一つの参考として、以下のクイズサイトを挙げておきます。

 

できたて!ニュースクイズ

クイズ作家の田中健一さんのブログです。クイズ大会では近い時期に起きたことが出題されることが多く、参考になります。

 

クイズ大会『abc』過去問

アマチュア主催では日本最大規模の学生向けクイズ大会『abc』の過去問題です。AQLでも出題されやすい、適度な難易度の問題がそろっています。ただし出題当時と事実が変わっている問題も多いので、そこは注意して下さい。

 

通販サイト「クイズ宅配便(Q宅)」

様々な問題集が販売されております。

 

QuizDo内「早押し機

早押し機の入手方法についてまとめてあります。「電卓」という技もあります!

 

他、大会当日の「日付問題」(〇年前の同じ日に起きた出来事や生まれた人など)なども出題されることがあります。ネットで探せばそういったものがまとまったサイトがあります。

 

以上については「対策」と気負わず、これらで手に入れた問題を、出場メンバー同士で早押しで出題しあい、それ自体を楽しめるとよいかもしれません。


4.地域リーグに参加!

大会当日です。遅刻はしないように気をつけましょう。(もちろんそれ以上に、慌てて事故が無いように!)

大会中のマナーについてはこちらのサイトを参考にして下さい。

試合の方は、多くの地域において「コバトンナイン方式」と呼ばれる総当たり戦の早押しクイズで競われます。メンバー全員が200問以上の早押し勝負を、チームメイトと共に挑戦できます。

また、当日の試合結果は速報サイトでリアルタイムに報告されます(速報対象外の地域もあります)。

地域によっては、初心者限定のフリバ(フリーバッティングの略で、早押しクイズの自由出題)や、初心者限定向けの企画などが用意されているところもあります。

一日、めいいっぱいクイズを楽しんでください!

上位進出しますと、全国大会に出場できることもあります!(初参加で全国進出!はかなり難しいと思いますが・・・) 

浦和高校1年チームvs川越高校1年チームの対戦。AQL2018埼玉リーグではジュニアビギナーリーグとして、初心者チーム限定のリーグ戦も行われました。司会はテレビ等でも活躍する伊沢拓司(AQL副会長)。
浦和高校1年チームvs川越高校1年チームの対戦。AQL2018埼玉リーグではジュニアビギナーリーグとして、初心者チーム限定のリーグ戦も行われました。司会はテレビ等でも活躍する伊沢拓司(AQL副会長)。
総合5位、女子の部1位(4チーム中)となった浦和第一女子高等学校チーム。学校での「同好会昇格」のため実績が必要だったのですが、強豪女子チームに競り勝っての嬉しい入賞となりました。
総合5位、女子の部1位(4チーム中)となった浦和第一女子高等学校チーム。学校での「同好会昇格」のため実績が必要だったのですが、強豪女子チームに競り勝っての嬉しい入賞となりました。

5.AQLに加盟しよう!

AQL参加2年目以降の団体には、基本「AQL加盟」をお願いしております。加盟の条件は金銭などではなく「皆でクイズを盛り上げていく」というAQLの趣旨に賛同すること。AQLは「みんなで作るクイズの全国リーグ」であり、加盟頂いた団体に所属するクイズプレイヤーの意志に基づきAQLは運営されております。我々と共に、全国のクイズを盛り上げていきませんか?加盟団体数は全国85団体649人(2018年5月末日時点)となっております。全国代表の枠数は各リーグの加盟団体数も影響しますので、皆様が出場する地域からの全国枠を増やす意味でもなるべく加盟にご協力ください!

なお、加盟に際して学校等への説明が必要な場合、随時相談に乗りますのでこちらまでお願い致します。(加盟自体は、大会エントリーと共に同時に行うことで可能な地域もあります。)

また、参加2年目以降の団体には問題作成や運営等をお手伝いいただく機会も増えていきます。皆さんでリーグを作り上げましょう

AQL2018埼玉リーグ終了後の記念撮影です!皆さんの力を結集して、楽しい一日を作り上げます。
AQL2018埼玉リーグ終了後の記念撮影です!皆さんの力を結集して、楽しい一日を作り上げます。