学校関係者様へのFAQ

ジュニア正式団体加盟にあたって、いくつかの学校関係者から、質問を受けております。

こちらでFAQとして回答致します。なお、AQLの告知は基本「中高の生徒様を含む、クイズに参加する皆様」に向けられておりますが、本FAQに限っては「学校関係者様」や「学校側」に対して回答していると解釈頂ければと思います。

 

Q.大会の趣旨は何か?

AQLは「みんなで出題し、答え、学び、楽しもう!」というフレーズを掲げるように、

「クイズ」の出題・解答を通じて「様々なことを学ぶ」と共に、皆と共に「知を楽しむ」イベントになっております。「早押しクイズの団体戦」という普段行うことのできない形式メインとすることで、団体スポーツのような感覚で、楽しみながら知識を得ることができます。

 

また、与えられたクイズを解くだけでなく「クイズをつくる」というところも本イベントは重視しております。クイズの問題作成・出題を通じて物事を多角的に学ぶこと、そして多人数でクイズイベント作り上げる過程で「人を動かす力」を身に着けていただければと考えております。

 

Q.加盟に際して、学校側に発生する義務等があれば教えてほしい。

A.AQLから学校関係者様や学校側に要求する義務は、基本ありません。

クイズに参加される生徒の皆様には「AQLが掲げる「クイズを皆で盛り上げる」という目的にご賛同頂けること」という条件が課されますが、各学校側にこちらから要求する義務はありません。

強いて言えば、加盟団体一覧として、学校名を出させていただくことです。

 

Q.加盟料等は必要ないのか。

A.加盟に際して現状お金を頂くことはしておりません。

大会への参加にあたっては、会場費のシェア程度の参加費を頂くことはあります。

過去の例ですと、目安としては1チーム(最大10人)で、0円~2000円程度です。

ただし、会場の都合で現地の集金ができない場合などに、あらかじめ「加盟料」としてお金を徴収することはあります。その場合も同額程度とお考え下さい。

 

Q.お金も義務も発生しないなら、なぜ加盟登録を行っているのか?

A. AQLとして、全国の皆様と共に、各学校法人様のご理解も得ながら、クイズを盛り上げていく姿勢を明確に示すためです。

各学校側の許可を頂いたうえでご登録いただいた団体が多数あることを示すことが、今後のAQLの活動に対して、そしてクイズ全体を盛り上げていくのに向けて、正の循環を生むと考えております。

 

Q.運営費はどのように捻出しているのか?

A.現状、「会場費」「イベント保険の費用」等は、各大会に参加する団体でシェアしております。社会人団体から多めに金銭を頂いております。運営は基本参加団体有志のボランティアで行われており、人件費は多くの大会でかけておりません。なお、ボランティアの状態から脱するため、企業に協賛をお願いする取り組みは進めております。

 

Q.「会則」において「ジュニア正式団体加盟」は、「地域代表を選ぶことができる」となっている。地域代表を投票するのは学校側か?生徒側か?

A.基本は「加盟申請したメンバー」の総意を踏まえて、ご投票頂くことになります。AQLが「クイズをやる・つくる」人が主体であるためです。よって、答えとしては「生徒の総意で投票する」ことになります。

ただし、実際の投票に相当する行為(AQL2018の場合、加盟申請の手続き)自体は、教師様が担当していただいても、生徒様が担当していただいても、どちらでもかまいません。

 

Q.大会中の事故などに対する責任は、誰が持つのか?

A.原則、地域リーグでは「各地域代表者」が、全国リーグでは「AQL会長」が、「安全の責任者」となります。(事情により代理を立てる場合はあります)

よって、高校生以下の大会中の事故の責任は、各大会の「安全の責任者」が負います。(大学生以上の事故は基本自己責任としますが、安全責任者は事故が発生しないよう留意します)

 

Q.どのような安全対策を行っているのか?

A.過去に多くのクイズ大会開催経験がある地域代表者で真剣に議論し、こちらにあるような安全マニュアルを定めております。

また、地域代表者を含めた執行部で、大会中の安全に対するディスカッションを年1回実施しております(2017年度は安全マニュアルを定めるためにディスカッションしました)。詳細は公開中の議事録をご覧ください。

以上、大会中事故が起きないように大会主催者としては最大限務めますが、万一事故が発生した時に備え、AQL各大会では高校生以下のイベント保険加入を原則としております(保険料は大会運営側が参加費を原資に負担します)

 

Q.大会において、教師の引率は必要か?

A.AQL運営としては、必要ありません。各学校側として必要ということであれば、引率していただければと思います。

 

Q.大会運営との連絡窓口は、教師が行う必要があるか?

A.AQLとしては、生徒様が行っても、教師様が行っても、参加者にきちんと情報が伝わるならどちらでもかまいません。多くの学校において、生徒様と直接やり取りをするケースが殆どです。

 

Q.生徒のご両親の見学は可能か?

A.可能です。各大会の参加申し込みの際、見学者としてご記入ください。

 

Q.高校生が地域代表を務めることがあるようだが、大丈夫か?

A.AQLは「クイズクリエイターに年齢は関係ない」という考えのもと、高校生も希望すれば地域代表を務めていただくことができます。2017年度のAQLでは、東北リーグの代表が高校生でした。ただし、この際「安全の責任」を高校生が持つのは難しいことから、社会人で別途安全責任者を置く形にしております。

 

Q.加盟することで、会場として学校の提供などの義務が発生しないのか?

A.正式加盟したからといって会場提供の義務が発生することはありません。場合によっては、会場として学校の校舎等をお借りすることを依頼することはあり得ますが、その都度断っていただければ大丈夫です。

また、逆に「AQLに会場を提供したい」という学校側からの申し出は歓迎致します。もちろんその際は、各学校側が定めるルールを順守するよう、参加者に徹底致します。

 

Q.開催実績はあるのか?

A.2017年度のAQLは、全国12か所で開催し、869人が参加しました。

また、AQL会長を務める市川は、過去に多くのクイズ大会を主催してきた経験があります。詳しくは、こちらの日経新聞記事をご覧ください。

他、各地域代表は、多くのクイズ大会・クイズイベントを開催してきた経験・実績がある者が殆どです。

 

Q.FAQの掲載内容に、今後変更はないか?

A.表現等の微変更や誤字修正等は随時修正することがあります。

本方針が大幅に変更する場合、広くお知らせする予定です。