AQLの歴史

AQLは2013年から埼玉県で6回にわたり実施されてきた地域交流団体戦『コバトンカップ(2013年3月17日武蔵浦和コミュニティセンターで第1回開催)』を前身とし、2017年に「プレAQL」という形で全国リーグとして拡大・発足しました。本ページではAQLとして開催して以後のデータ等を紹介します。

 

  開催リーグ数    参加団体数                             総参加人数

AQL2017

11リーグ

(+全国大会)

110団体

(一般64/ジュニア46) 

869人

(のべ1149人)

AQL2018

13リーグ

(+全国大会)

147団体

(一般80/ジュニア67) 

1284人

(のべ1673人)

AQL2019

(暫定)

14リーグ

(+全国大会)

214団体

(一般124/ジュニア117) 

1895人

(のべ約2500人)

プレAQLオンライン

(準備大会) 

 8リーグ

(実力別)

 63団体

(一般26/ジュニア37)

 477人

AQL2020

AQLオンライン2020

(暫定) 

15リーグ

(+全国大会)

198団体

(一般110/ジュニア88)

1830人

(のべ2203人)

試合詳細は結果速報&記録サイトを参照